NFT

NFTは副業の選択肢になるか【稼ぎ方5つ】

NFTが注目されていますが、本業の仕事をしながら副業としてNFTを選ぶのは結構ありだと思っています。

 

プロジェクトを始めるにしても、副業としてNFTプロジェクトに関わるのでも選択肢は無数にあります。

 

NFT副業の始め方から稼ぎ方まで解説していきます。

 

NFTは副業になるか?

そもそもNFTは副業になるのでしょうか?

 

結論として、もちろん副業になります。

 

転売でもNFT発行でも、NFTプロジェクトに参加するでも稼ぎ方は無数に存在します。

 

暗号通貨を購入したことがある人、ある程度英語ができる人、NFTを購入したことがある人は特にNFT副業へのハードルも低く、簡単に始めることができます。

 

そもそもNFTについてなんだかよく分かっていない人は下記記事から読み進めていってください。

 

【関連記事】

NFTとは?簡単に超わかりやすく解説【事例多数】

NFTとブロックチェーンの違いとは【そもそも比べるものではない】

NFTで売れるものは全てのデジタルデータ【具体例5つ】

 

おすすめのNFT副業5選

NFTがどんなものか理解したところで、ここからはおすすめのNFT副業を5つ解説していきます。

 

  • NFT転売
  • 単発NFTアートの販売
  • コレクティブNFTプロジェクトの運営
  • NFTプロジェクトの案件受託
  • NFTコミュニティの運営補助

 

難易度と稼げる額の目安までサクサク紹介していきます。

 

NFT転売【難易度:中】

NFT転売は、既存のNFTプロジェクトを購入して転売したり、初回Mint時にNFTを購入し値上がり益を狙う副業です。

 

ネット完結の電脳せどりやFXに近いですがNFT関連の情報に張り付いていればかなりのリターンを狙うことも可能です。

 

たらればですが、BAYCやClone Xを初回から購入することができていれば、数千万円から数億円のリターンを作ることができています。

 

上記ツイートはAzukiを20万円ほどで買って3ヶ月持っていたことで1500万円になった人のものです。

 

冗談抜きにNFTで人生を変えている人は多く、アメリカンドリームすぎですね。

 

NFT転売は儲かるのか?具体的なやり方を3つのステップで解説にて転売方法とプロジェクトの探し方を解説しているので、合わせてどうぞ。

 

 

単発NFTアートの販売【難易度:低】

イラストや写真、音楽、3DCGなどほとんどのデジタルデータはNFTとして販売することができます。

 

今から外に出て道端の花の写真を撮ってきても、すぐにNFTにすることができます。

 

画像やイラストなど素材があればなんでもすぐにNFTを販売する副業をはじめられるので難易度は低いです。

 

しかし、TwitterやInstagramなどを活用しフォロワーを獲得するなどSNSマーケティングの知識は最低限必要になります。

 

1ETHで販売することができれば、単発のNFTアートでも40万円ほどの売上になります。

 

TwittterなどでNFTを単発で販売している人のコレクションを見るだけでも、フォロワーが数千程度と多くなくても2ETHで販売できている人もいるなど、かなり夢があります。

 

それぞれやり方は下記で解説しているので合わせてご覧ください。

 

【NFT&音楽】事例5選と売り方作り方まで徹底解説

【事例あり】NFTで写真を販売する方法5つのステップ【作り方から出品方法まで】

 

 

コレクティブNFTプロジェクトの運営【難易度:高】

NFT副業で最も大きな収益をあげることができる可能性があるのがコレクティブルNFTプロジェクトの運営です。

 

BAYCやCryptoPunksのような10,000体のNFTを販売するイメージですね。

 

大量のNFTアートの生成はコードで実行し、ベースはイラストや3DCGで作成します。

 

NFTの売上のほとんどは2次流通から生まれます。

 

副業のレベルでしか取り組まないならそもそも比較対象ではありませんが、トップのNFTプロジェクトを運営するYuga Labsは月10億円の手数料収入をロイヤリティとして得ています。

 

年間でいうと100億円を超えるビジネスになっており、想像できませんよね。

 

NFTの二次流通ロイヤリティとは?設定方法や売上の伸ばし方を解説でも紹介しているので、合わせて読むと理解が深まるかと。

 

 

NFTプロジェクトの案件受託【難易度:中】

NFTプロジェクトの運営にはいろんな仕事が絡んできます。

 

  • MintできるWebサイトの作成
  • イラスト制作
  • コレクティブルの生成
  • SNS運用
  • コミュニティ運営

 

NFTの副業は道の業種のように思えますが、紐解いてみると下記に分離できます。

 

  • 制作
  • マーケティング
  • CS

 

当たり前ですが、普通の会社で取り組む仕事と変わりませんよね。

 

単発のNFT販売や転売と異なりプロジェクトになると受託で数十万円単位をもらって働くか、レベニューシェアで働くかによって給与体型が変わってきます。

 

参画するチームによりけりですが、難易度の割りに大きな収益が期待できる副業です。

 

 

NFTコミュニティの運営補助【難易度:低】

NFTプロジェクトの要となるのが、コミュニティの運営です。

 

ホワイトリストの割り当てからDiscordでの質問対応、ユーザーへのサポートなどが主な業務になります。

 

Discordに運営関係者がいないと、途端にScamプロジェクトだとして批判が殺到し、フロア価格が下がることはよくあります。

 

NFTプロジェクト運営はコミュニティが盛り上がればうまくいくとも言えるほど大切な仕事であり、常に募集されていることも多いです。

 

興味を持ったNFTプロジェクトの運営者に問い合わせたり、Discordで有志として質問回答をしたり、アクティブに活動していると声が掛かることがあります。

 

積極的に関わって副業にしていきましょう。

 

 

NFTの副業は需要のある早めでの参入がおすすめな理由

NFTの副業への参入はなるべく早めがおすすめです。

 

理由は簡単で、需要があるのに供給が少ないからです。

 

NFTと聞くとなんだか怪しい…くらいの状況の方が供給が少ないので、仕事の単価が高くなります。

 

 

1990年代のWeb制作は数百万円だった

2chのひろゆき氏やオンザエッジ時代のホリエモンが起業をしたばかりの1990年代、2000年代初頭はWeb制作の需要はあるが、供給が少なく単価が高い時代でした。

 

今のNFTは同じ状況であり、MintできるWebサイトの制作やコレクティブルNFTの生成は工数に対してかなり割の良い仕事です。

 

日本語での情報も少ないので英語で検索する必要もありますが、その分競合も少ないわけですね。

 

学習は英語でやっていきましょう。

 

NFTを勉強する方法3つ【英語学習のすすめ】にて情報ソースを紹介しているので合わせてどうぞ。

 

 

NFTの副業は市場が広がっている今参入すべき

NFT関連の仕事の需要は現在どんどん増えてきています。

 

はじめは案件の受託や単発でのNFT販売などからはじめてどっぷりNFTに浸かっていきましょう。

 

下記記事にてNFTの始め方を解説しているので、合わせてお読みください。

 

NFTアートの作り方ガイド【初心者でも今日からできる】

-NFT

© 2022 Media Verse