Metaverse

メタバースはいつから本格的に普及するのか【未来予測】

メタバースが注目されていますが、結局いつから普及しメタバースが当たり前の世の中になるのか。

 

今回は過去の歴史から紐解き考察していきます。

 

メタバースはいつから本格的に普及するのか【未来予測】

メタバースはいつから本格的に普及するか、結論から言うと誰にもわかりません。

 

しかし、過去の流れからある程度予測することはできるかと。

 

今注目されるメタバースはブロックチェーン技術に紐づくWeb3レイヤーに構築されているものです。

 

ということで、仮想通貨やNFTの過去から考察していきます。

 

仮想通貨は儲かるらしい→儲からない

2017年から一般的にも存在を知られるようになった仮想通貨。

億り人が出たらしいと話題になり、CMやテレビ番組、雑誌などマスメディアでもネットでも常に話題に上がるようになりました。

 

結局「儲かるらしい」のタイミングで参入した人は儲からず、ビットコインが暴落しあるとコインも落ちてほとんどの人が手放しましたよね。

 

しかし、また2021年には最高値を更新しました。

 

儲かるらしい→暴落→儲からない→また注目される

 

上記の流れは全ての潮流に当てはまります。

 

例えばネットバブルも同じですよね。

 

ネットが儲かるらしい→バブル崩壊→GAFAが世界を支配

 

技術の可能性を信じていた人だけが恩恵を受けることができます。

 

世の中は大体そんなもんで、なんとなく儲かるらしいからと参入した人は淘汰されていきます。

 

NFTは稼げるらしい→稼げない

NFTも同様の道をたどっています。

 

NFTは稼げるらしい→ゴミプロジェクトだらけ→稼げない→少数のプロジェクトだけ残る

 

ITバブルでも、サイバーエージェントや楽天、ソフトバンク、光通信といった本物のビジネスだけが残りました。

 

NFTバブルでもカスみたいなプロジェクトはたくさんあり、ギャンブルで書いまくっている人はたまに当たるけどほぼほぼ電子ゴミになります。

 

NFTはアートや投機だけでなく、デジタルデータに価値を付与しクリエイターが正しく稼げる技術です。

 

ちゃんと技術面を理解しておくことが大切で、どのような活用のされ方が好ましいのか知る必要があります。

 

下記記事でNFTについて深堀っているので興味のある人は見てみてください。

 

【革命とメタバース】NFTとメタバースの関係や違いを徹底解説

 

 

メタバースは儲かるらしい←今ここ

今、メタバースが注目されていてなんとなく「儲かるらしい」と思っている人が多くいます。

 

セカンドライフでもそうだったように、2年後くらいには流れが去っていることも考えられますが、技術が進歩していることが当時と異なります。

 

  • ブロックチェーン技術の進歩
  • VR・AR技術の進歩

 

上記があげられます。

 

これらがどのようにしてメタバースに関わってくるのかは下記記事で触れているので合わせてご覧ください。

 

早すぎたメタバース「セカンドライフ」とは?過去のブームとの違いは何か

 

メタバースはすでにセカンドライフで実現している

メタバースはすでにセカンドライフで実現しています。

 

いつからメタバースができていたのかと言うと、言葉は1995年のSF小説スノウクラッシュから、サービスとしては2003年のセカンドライフからです。

 

セカンドライフにはメタバース内で仕事が生まれ、恋愛し、カフェを開いて営業して現実世界でも換金できる「リンデルドル」を稼げるなど社会活動が行われていました。

 

セカンドライフのデジタル不動産の売買で億万長者になった人も出ましたが、世の中に浸透するには至りませんでした。

 

では、次の章から結局いつからメタバースは普及するのか考えていきます。

 

メタバースが今すぐに流行らない理由は下記記事で考察しています。

合わせてご覧下さい。

 

メタバースが今流行らない3つの理由【セカンドライフの二の舞】

 

 

結局メタバースはいつから普及するのか

明確にいつから普及するのかは誰にもわかりません。

 

しかし、3年から5年以内にはメタバースが世の中に広がるのではと考えられます。

 

その大きな理由が、人材の移動です。

 

優秀なエンジニアがクリプト系スタートアップに転職

今、世界の優秀なエンジニアがブロックチェーン業界に転職しています。

 

ソースはニューヨークタイムズ。

https://www.nytimes.com/2021/12/20/technology/silicon-valley-cryptocurrency-start-ups.html

 

今シリコンバレーですぐにリッチになる仕事としてクリプト系スタートアップがあげられています。

 

実際に転職や起業した人の話、Googleの役員が転職した事例などが紹介されています。

 

優秀なエンジニアが集まる業界は想像できないスピードでサービスが改善され、新たな価値が生まれてきますよね。

 

それが今メタバースやクリプトをはじめとするブロックチェーン業界です。

 

転職する理由は一概には言えませんが、下記があります。

 

  • Web2のDon’t be Evilに無理があった
  • 給与がめちゃくちゃ高い

 

簡単に深堀していきます。

 

Web2のDon’t be Evilに無理があった

Web3は全ての人が所有できるインターネットです。

 

対してWeb2はGAFAなど巨大テック企業に所有された箱庭がインターネットです。

 

SNSアカウントはあなたのものではなく、いつアカウント停止されるかわかりません。

 

それがWeb2の世界観です。

 

Web3はブロックチェーンにより管理されるので、企業ではなく全ての人が所有できるインターネットになります。

 

世界が変わる可能性のある面白い分野であり、やりがいもあるなら転職をする人が増えるのも納得ですよね。

 

給与がめちゃくちゃ高い

給与は現金ではなく、トークン払いのスタートアップが数多く存在します。

 

スタートアップはVCやファンドから資金調達をして株式を売りますよね。

 

そして、企業の売却かIPOがエグジットとなり、創業者や株式を持っている人にはその分キャピタルゲインが分配されます。

 

従来は上記の流れだったので、エグジットされるまで企業勤めをしなければ恩恵を受けることができませんでした。

 

しかし、トークンを発行してICOで資金調達をして運営されているスタートアップでは、初めから株式的な役割をするトークンに流動性があります。

 

自社のガバナンストークンを給与としてもらいつつサービスを改善していくことで、トークン価値も上がります。

 

いつでもトークンを市場で換金することができるので、トークンの値上がりによってははじめから給与がめちゃくちゃ高く、いつでも現金化できる株式を持っているのとほぼ同義になりますよね。

 

Web2よりもオープンで面白い仕事であり、給与が高いなら転職しない理由はありませんよね。

 

メタバースは新たな商圏を作る

インターネットは広告とECの革命でした。

 

マスメディア一強だった広告業界はSNSや検索エンジンによりネット広告へと移り変わってきました。

 

また、店舗での購入しか方法がなかった時代から、AmazonなどECでの購入に移り変わり、革命的に生活が変わりましたよね。

 

ブロックチェーンは金融の革命です。

 

未だアフリカや東南アジアでは銀行を持たない人が多くいます。

 

しかし、デジタルウォレットと暗号通貨によって銀行の代わりのウォレットを持てるようになりました。

 

そして暗号通貨により全世界で決済ができるようになります。

 

決済大手のStripeも暗号通貨決済に対応し、Squareにも同様の動きがあります。

 

メタバースで言語の壁を超えてコミュニケーションができ、どの国の人とも暗号通貨をやりとりできる、そんな未来は近年に実現されるだろうと考えられます。

 

メタバースを体験したいなら、必要なものは多くありません。

メタバースを始めるために必要なもの【初心者は2つだけ】

 

 

また、日本企業をはじめ多くの大手企業が参入している事例は下記で紹介しています。

合わせてご覧ください。

 

メタバース参入企業とビジネス事例11選【日本企業も】

-Metaverse

© 2022 Media Verse