Defi

仮想通貨Fantom(FTM)とは?今後の将来性をレビュー

仮想通貨Fantom(FTM)は、「スマートシティの神経系」となるスマートコントラクトプラットフォームを作ろうとしている、野心的なプロジェクトです。

先進的なDAG(Directed Acyclic Graph)技術を用いて、無限に近いスケーラビリティと、ほぼゼロコストでの即時取引の実現を目指しています。

また、安全なスマートコントラクトを実行する高性能な仮想マシンの開発も進めているのが特徴です。

実際にゼロコストでの即時取引が実現できるとなると、とても魅力的ですよね。

仮想通貨Fantomのレビューとして、仮想通貨Fantomについて知っておくべきことをすべてお伝えします。

また、Fantomトークンが長期的にどのようなケースで利用可能となるのかついても分析していきます。

 

仮想通貨Fantom(FTM)とは?

仮想通貨Fantomとは、スマートシティとそれを構成するすべてのサービスを動かすことができるDAGベースのプラットフォームを構築するためのテクノロジーです。

Fantom社は超高速・高性能なプラットフォームとして、新興のスマートシティのITインフラの根幹になり得ると考えています。

1秒間に30万件のトランザクションを実行することを目標とし、複数のサービスプロバイダーにまたがって通信する能力を持つ仮想通貨Fantomは、膨大な量のデータを安全に保管するためのソリューションであると考えられています。

スマートシティのデータに基づいたスマートコントラクトやdAppの採用に向けて、関係者がアクセスできるようにすることで実現を考えています。

仮想通貨Fantomのチームは、このプラットフォームが公共事業やスマートホームシステム、医療、教育、交通管理、資源管理、環境維持プロジェクトなど、幅広い分野で利用されることを想定しています。

 

仮想通貨FantomとDefiの関係性

仮想通貨FantomはDeFにi対応にしています。

仮想通貨FantomはEVMと互換性のあるブロックチェーンにより、ユーザーは自分のウォレットから直接デジタル資産を、mint(鋳造)、トレード、貸し借りすることができます。

これらはすべてほぼゼロの手数料と即時の取引で実現します。

FantomのOperaメインネットは、DAGベースのLachesisコンセンサスプロトコルを用いて作成されており、EVM対応のスマートコントラクトをサポートしています。

そのため、Fantomのユーザーはネットワーク上でスマートコントラクトを実行することができ、FantomでのDeFiは理想的なものとなっています。

このように、Fantomメインネットは様々なアプリケーションに適した特性を持っています。

DeFiのアプリケーションとして、仮想通貨Fantomは現在以下の機能を提供しています。

 

Liquid staking - ステイキングされたFTMトークンをDeFiアプリケーションの担保として使用することができます。みんな大好きステーキングです。

fMint - 暗号通貨、各国通貨、コモディティなど、Fantom上で数十種類の資産をミントすることができます。

fLend - デジタル資産を貸し借りすることで、保有しているFTMのエクスポージャーを失うことなく、取引や利益を得ることができます。

fTrade - Fantom上のデジタル資産をウォレットに入れたまま取引することができます。完全に分散型のAMM取引所となります。

仮想通貨Fantomは、DeFiとトレーディングのための優れたソリューションを提供するためにサービスを構築してきました。

FantomはDAG技術を採用しているため、他の多くのDeFiプラットフォームよりも優れています。

特に2秒以内に確定するという短い確定時間と、低い手数料が特徴です。

 

仮想通貨Fantomの技術解説

仮想通貨Fantomは、プロトコルを3つの層に分け、それぞれの層が異なる責任を果たすようになっています。

それが「Opera Core Layer」、「Opera Ware Layer」、「Application Layer」です。

ここでは、それぞれの層がどのような役割を果たしているのか、Fantomプロトコル全体について詳しく見ていきましょう。

 

仮想通貨FatntomのThe OPERA Core Layer

最下層に位置し、Lachesis Protocolのノード間のコンセンサスを維持する役割を担います。

また、イベントの作成も担います。トランザクションの確認にはDAGを使用しており、DAG技術によりノードは非同期にトランザクションを処理することができます。

処理された各トランザクションは、ブロックチェーンがトランザクションを保存する方法と同様に、ネットワーク内のすべてのノードに保存されます。

DAG技術ではすべてのノードにデータを保存する必要がないという違いがあります。

その代わりに、ネットワークではウィットネス・ノードと呼ばれる第2のタイプのノードを使用してトランザクションを検証します。

ウィットネス・ノードは、ネットワーク上のノードが保有するデータの有効性をチェックする役割を担っています。

 

仮想通貨FantomのThe OPERA Ware Layer

OPERA Ware Layerは、プロトコルの中間に位置し、報酬や支払いの発行「ストーリーデータ」の書き込みなど、プラットフォーム上の機能を実行するためのものです。

 

仮想通貨FantomのThe OPERA Application Layer

OPERA Application Layerは、開発者が自分のdAppをOPERA Ware Layerと連携させるためのAPIを公開しています。

興味深いのは、Fantom社が「ストーリーデータ」と呼んでいるものとの連携です。

ストーリーデータとは、Ethereumでは過去の取引の追跡が制限されているのに対し、Fantomでは過去の全ての取引を追跡することができるものです。

Fantomでは、取引やスマートコントラクトの実行ごとにストーリーデータという小さなデータが保存され、取引を追跡する機能に使われます。

これは、サプライチェーンマネジメントやヘルスケア分野など、不特定多数の人がデータを記録することが必要な分野において非常に有用な機能です。

このレイヤー層によってスマートシティを実現するための機能を提供しており、将来性の期待が持てますね!

 

仮想通貨Fantomの運営会社について

Fantomのチームは設立当初から変遷を経ており、技術チームは12名のプラットフォーム開発者で構成されています。

さらに、経営陣、コミュニティ支援メンバー、マーケティングメンバー、各地域のディレクターなどがいます。

創業者は、アン・ビョンイク博士。コンピューターサイエンスの博士号を持ち、Korea Food-Tech Associationの会長も務めています。

アン博士は、フォーチュン誌の寄稿者であり、韓国の主要なビジネスメディアにも頻繁に掲載される有名人です。

以前は、Yelpに似たフードテック・プラットフォーム「SikSin」の創設者でした。このプラットフォームの月間ページビューは2,200万を超え、モバイルアプリは350万回以上ダウンロードされています。

IT関連ビジネスのスペシャリストであり、創業についての信頼はありますね。

しかし、彼は現在、Fantomとは無関係であり、LinkedInのプロフィールでも、過去のプロジェクトとの関係については一切触れられていません。

 

Fantom社のCEOには、スマートコントラクトの開発者としてブロックチェーン分野で数年の経験を持つMichael Kongが就任しました。

また、最高情報責任者としての役割も継続しています。

Fantom社に入社する前は、ブロックチェーンインキュベーターであるBlock8の最高技術責任者を務めていました。

また、最初のSolidityデコンパイラの1つと、スマートコントラクトの脆弱性を検出する最初の検出システムの1つを構築しました。

 

FantomではYearn Financeの開発者として知られるDeFiアーキテクトのAndre Cronjeも非常に注目されています。

その他のメンバーは、金融、暗号、ビジネス開発、ソフトウェアエンジニアリング、アーキテクチャなど、さまざまな分野から集まった仮想通貨分野に強い経験豊富なメンバーで構成されています。

FTMトークンはERC-20トークンで、ステーキングやFantomの報酬に使用されます。

また、ネットワークの相互運用性を高めるために作られたBEP-2やXar Networkバージョンもありました。

2019年12月にメインネットがリリースされた際には、他のトークンをネイティブのOpera FTMトークンに変換できるようにブリッジが作成されました。

Binanceは、ネイティブFTMトークンのウォレット統合を完了したばかりです。また、BinanceはERC-20とBep-2の両方のFTMトークンのサポートを続けています。

 

Fantomは2018年6月にICOを開催し、総供給量の40%にあたる3,175,000,000 FTMトークンを販売しました。

ICO価格は0.04306ドルで、ICOでは39,650,000ドルを調達しました。

トークンが実際に発行されるまでには数ヶ月を要し、2018年10月には市場が落ち込んでいたため初値はICO価格の半分である0.02ドル台となりました。

 

価格はそこからさらに下降し、ついに2019年2月4日に0.003105ドルという史上最安値を記録しました。

価格はそこから回復に転じ、その後3ヶ月間で200%以上上昇しました。

その間にFantomはBinanceチェーン上でBEP2トークンを発行し、マルチアセットのクロスチェーンエコシステムを構築することで相互運用性を高めました。

まずBinance DEXにFantomが上場し、数日後にはBinanceのメインプラットフォームにも上場しました。

この上場により、Fantomの価格は1ヶ月間で300%以上上昇し、2019年6月11日には史上最高値の0.039614ドルに達しました。

翌週には、広範な市場が堅調に推移したにもかかわらず、価格はおよそ30%引き下げられました。

その後の18カ月間、トークンにはほとんど動きがありませんでしたが、2021年には他の暗号通貨市場と一緒になって月に向かって急上昇しました。

2021年1月1日から2021年3月10日にかけて、FTMトークンの価格は0.017293ドルから0.4904ドルになりました。その間、史上最高値の0.8717ドルを記録しました。

 

仮想通貨Fantom(FTM)とは?今後の将来性をレビューのまとめ

ICO以降で2年ほどの冬眠期間を経て今再注目されているFantom。

ETHネットワーク、BSCネットワークとの大きな違いとしては決済スピードと低い手数料、過去まで遡ることができるコントラクト追跡です。

スマートシティ構想は偉大であり、DX化が進む世界の実現に期待です。

-Defi

© 2022 Media Verse