Defi

仮想通貨Solana(SOL)とは?将来性とリスクを徹底解説

仮想通貨Solana(SOL)は、オープンなインフラを活用してより大きなスケーラビリティを提供する第4世代のブロックチェーンおよび暗号通貨です。

このネットワークは、様々な新しい独自の技術を導入し比類のない取引速度と企業レベルのセキュリティをユーザーに提供しています。

その結果、このネットワークは2017年に導入されて以来、かなりの成長を遂げています。

当記事では仮想通貨Solanaの将来性とリスクについて解説していきます。

購入方法については仮想通貨Solanaの始め方とステーキング方法を解説にて詳しく紹介していますので、合わせてご覧ください。

 

仮想通貨Solana(SOL)とは?なにができるのか?

Solanaが解決しようとしている複数の問題点があります。

ネットワークのアーキテクチャは、拡張性と検閲への耐性を考慮して構成されています。

信頼性の高い分散型ブロックチェーンはSolanaの設計により、取引決済速度の懸念と帯域幅の両方に取り組んでいます。

 

仮想通貨Solanaとは?拡張性と将来性

拡張性の問題は、暗号化市場において大きな問題点です。

初期のブロックチェーンがProof-of-Workコンセンサスメカニズムに依存していたため、深刻な混雑問題が発生しました。

BitcoinやEthereumなどのコインは、ネットワークの混雑度が上がると取引手数料が上がるように設計されていました。

残念なことに、これが両ネットワークに大きな問題をもたらしました。

イーサリアムは、最近のDeFiプラットフォームの台頭もあって、新しいプロジェクトが殺到しています。

ユーザーが増えると、一般ユーザーにとってより多くの手数料と取引の遅延につながります。

現在、一般投資家がストレスなく投資活動を行うことができないほどの膨大な手数料(一度に数千円など)が課されています。

 

Solanaでは、ネットワークのトランザクション・スループットが帯域幅に比例して拡大するようなシステムを導入することで、これらの問題を回避しています。

例えば、ビットコインは1秒間に7回のトランザクション(tps)を処理できますが、イーサリアムは12回程度です。

Solanaは50,000tpsの処理能力があるといわれています。この拡張性が他のDefiプラットフォームと比較して優位性があるのは明確でしょう。

 

仮想通貨Solana(SOL)とは?メリットを解説

世界経済の需要に応えるために拡張できるネットワークのメリットは簡単に理解できます。

この拡張性により、SolanaはDEXやステーキングプロトコルなどのDappsに適したブロックチェーンとなっています。

ここでは、Solanaネットワークに参加することで得られる大きなメリットをご紹介します。

 

仮想通貨Solanaのメリット①検閲に強い

仮想通貨Solanaの信頼性の高い分散型の性質は、日常的な商取引に理想的です。

最も人気のある暗号通貨の何分の一かのコストで、グローバルな取引を数秒で行うことができます。

何よりも、ネットワークには中央管理者がいないため、不換紙幣のように取引を止めたりブロックしたり没収したりする者はいません。

 

仮想通貨Solanaのメリット②ステーキング報酬

ユーザーは複数の大きな利点を得ることができます。

ひとつは、誰もがネットワーク上で自分のSOLをステーキングして受動的な収入を確保できること。

ステーキングプロトコルは新規ユーザーが習得しやすく取引と比較してより安定した報酬が得られるため、市場での人気が高まっています。

 

仮想通貨Solana(SOL)の仕組みとは?

仮想通貨Solanaがすべての目標を達成するためには、開発者は既成概念にとらわれない発想が必要でした。

そのため、ネットワークには独自のシステムが詰め込まれています。これらのシステムが連携して働くことで、非常に便利で信頼性の高いブロックチェーンネットワークを実現しています。

 

仮想通貨Solana(SOL)の仕組みとは?①コンセンサスの仕組み

SolanaはDelegated-Proof-of-Stake (PoS)ネットワークです。

DPoSネットワークは、いくつかの点でPoSネットワークとは異なります。

どちらの仕組みも、トランザクションを処理するためにバリデーターを利用します。

SOLの保有数が多ければ多いほど、バリデーターに選ばれる確率は高くなります。この仕組みにより、ネットワーク上で利益を得ている者だけがバリデーターとして選ばれることになります。

バリデーターは、取引を承認してブロックチェーンに追加すると、報酬を得ることができます。

バリデーターでない人も、バリデーターの一人に自分の持ち株を委ねることで、簡単に利益を確保することができるようになります。このシステムでは、誰もがネットワークの安全性確保に参加でき、どのノードが取引を承認するに値するかをユーザーが決めることができることが特徴です。

DPoSネットワークはPoSブロックチェーンよりも数倍高速です。

ソラナの平均ブロックタイムは2.34秒です。実際のところベンチテストによると、このネットワークはわずか1.6秒でブロックを承認することができます。ビットコインがこの作業に10分を要することを考えると、DPoS型ブロックチェーンが優れている理由がよくわかります。

 

仮想通貨Solana(SOL)の仕組みとは?②Proof Of History(POH)

POHメカニズムは、Solanaのエコシステムにおいて重要な役割を果たしています。

このプロトコルは、すべてのトランザクション承認にタイムスタンプを統合することで、ブロックチェーンの効率を高めます。

これらのタイムスタンプにより、ノードはイベントのシーケンスを確立することができます。

このようにして、このシステムはネットワークの暗号時計として機能しています。

 

仮想通貨Solana(SOL)の歴史

ソラナの歴史は2017年に始まります。アナトリー・ヤコヴェンコがプロジェクトを立ち上げました。

すぐにグレッグ・フィッツジェラルドとエリック・ウィリアムズと提携し、無限にスケーラブルなブロックチェーンを作るという目標を達成しました。

ヤコヴェンコは、Dropboxのエンジニアとしての過去の経験を活かして、Solanaの大きな目標を達成しました。

現在、Solanaは先進的な第4世代のブロックチェーンとして認識されています。

Solanaは同じく当時新しいブロックチェーンプロトコルであるSerumと提携し、DEXを作成しました。

SerumはSolanaが作った先進的なシステムを利用して、デリバティブ取引所を開発しました。

このDEXは、開発さらた新しい機能により暗号化コミュニティから当時から期待を寄せられていました。

Serumは、400ミリ秒ごとに更新されるオンチェーンのセントラルリミットオーダーブック(CLOB)を作成し、トレーダーにとって最も正確な価格設定を実現しました。

 

仮想通貨Solanaとは?のまとめ

Solanaは、現在運用されているブロックチェーンの中で最も先進的なものの一つです。

このプロジェクトの開発者は、現在のペイメントプロセッサーをTPSと機能性の面で凌駕するネットワークを作ることに成功しました。

イーサリアムやビットコイン等のブロックチェーンでは拡張性に未だ問題があるため、今後Solanaに移行する開発者が増えることが予想されます。

-Defi

© 2022 Media Verse