Defi

仮想通貨Avalancheとは?将来性とリスクを解説

仮想通貨Avalancheは、スケーリング能力と高速な確認時間を実現するブロックチェーンプラットフォームです。

また、自動マーケットメーカー「Pangolin」などいくつかの製品がすでに発売されています。

Binance Smart ChainやETHによるDefiが盛り上がっている中、従来型金融と分散型アプリケーションのためのオープンソースプラットフォームである仮想通貨Avalancheは、注目されるDefiの1つとして浮上しています。

今回の記事では、仮想通貨Avalancheがどのような特徴を持っているのか解説していきます。

 

仮想通貨Avalancheとは?

仮想通貨Avalancheは、Ava Labs社が開発した新しいプラットフォームで、誰でも簡単に独自の多機能ブロックチェーンと分散型アプリケーション(dApps)を作成することができます。

主な特徴として従来のブロックチェーンプラットフォームが抱えていた、取引速度の低下、中央集権化、スケーラビリティなどの問題を解決するために設計されており、複数の革新的な技術を採用しています。

その中には、独自のコンセンサスプロトコル「Avalanche」が含まれており、低遅延、高スループット、51%攻撃(採掘独占に関する攻撃)への耐性を提供しています。

Avalancheは2020年9月にメインネットを立ち上げましたが、これはトークンセールで4,200万ドルを調達した2ヶ月後のことでした。

 

仮想通貨Avalancheとは?どのような機能があるのか

仮想通貨Avalancheは、Exchange Chain(X-Chain)、Contract Chain(C-Chain)、Platform Chain(P-Chain)という3つの相互運用可能なブロックチェーンのシステムを中心に構築されています。

X-Chainは新しいデジタルアセットの作成に、C-ChainはAvalancheのEthereum Virtual Machine(EVM)の実装に、P-Chainはバリデーターの調整やサブネットの作成に使用されます。

 

これらのブロックチェーンのうち2つ(P-ChainとC-Chain)は、チェーンに最適化された「Snowman」コンセンサスによって保護されており、高スループットで安全なスマートコントラクトの実現のため機能しています。

一方、X-Chainは、DAGに最適化された「Avalanche」コンセンサスによって保護されており、数秒で取引を完了できる安全でスケーラブルなプロトコルとなっています。

3つのブロックチェーンに機能を分割することで、Avalancheは柔軟性、スピード、セキュリティを最適化することができます。

これらの機能により、開発者が構築できるアプリケーションの種類が大幅に増え、パブリック向けとエンタープライズ向けの両方に対応する強力なプラットフォームとなっています。

 

仮想通貨Avalancheの主な特徴

Ava Labs社によると、このプラットフォームは1秒間に4,500件のトランザクションを処理することができます。

また3秒以内にトランザクションを完了させることができます。

多くの競合プラットフォームではボトルネックとなっていた、大規模な分散型アプリケーションの開発に適していることがわかります。

ビットコインなどと比べるとかなりトランザクション処理速度が速いことがわかります。

 

仮想通貨Avalancheは、高い拡張性に加えて、ブロックチェーンベースのシステムが直面しているもう一つの大きな問題である「相互運用性」に取り組むために構築されています。

サブネット内のブロックチェーンとサブネット間のブロックチェーンが互いに通信できるようにすることで実現しており、互いに補完し合い、クロスチェーンでの価値移転を提供しています。

 

多くのPoS(プルーフ・オブ・ステーク)ブロックチェーンでは、一部のユーザーのみが合意形成に参加できますが、アバランチでは2,000AVAX以上のステークをしている人なら誰でも参加できます。

 

2021年2月現在、仮想通貨Avalancheの最大のライバルは、現在DeFiを支配しているEthereum-ブロックチェーンプラットフォームです。

AvalancheはEthereum Virtual Machine(EVM)を提供していますが、ネットワークの安全性を確保するために異なるコンセンサス・メカニズムを使用しており、またブリッジを必要としないクロスチェーンの価値移転機能を提供しています。

 

仮想通貨の将来性とできること

仮想通貨Avalancheは、個人や企業が、プライベートな用途(パーミッションド・ブロックチェーン)やパブリックな用途(パーミッションド・ブロックチェーン)を問わず、目的に応じた独自のブロックチェーンを簡単に展開することができます。

Avalancheの特徴である複数のカスタムメイドのブロックチェーンと強力なプルーフオブステークのコンセンサスメカニズムを組み合わせることで、開発者が構築できる非常に分散化された強力なプラットフォームを実現しています。

 

イーサリアムのツールキットと互換性があるため、開発者はイーサリアムのdAppsをAvalancheに簡単に移植することができ、このプラットフォーム上で多様な分散型アプリケーション(dApps)を簡単に立ち上げることができます。

これらのアプリケーションはそれぞれ独立したAvalancheブロックチェーン上で動作するため、開発者はアプリケーションのセキュリティや機能、アクセスできる人などを自由にコントロールすることができます。

Avalancheの歴史は浅いながらも開発活動が急増しており、現在では私募証券(Securitize)、予測市場(Prosper)、ステーブルコイン(Bilira-トルコリラのステーブルコイン)など、Avalancheの技術を使用した幅広いアプリケーションが存在しています。

 

-Defi

© 2022 Media Verse